税務や経理を始め経営相談のことなら香川県高松市にありますエムアンドエム税理士法人におまかせください。

 

南BLOG

 
フォーム
 
確定申告電話相談をするときのポイント
2017-02-10
 
確定申告電話相談をするときのポイント
 
とうとう花粉といっしょに、やってきました、確定申告(-_-;)。

税務署に派遣され納税者からの電話相談を受けてきました。
税理士の派遣は、税理士会の支部によって受託する業務の内容が違うようですが、私が所属する高松支部の確定申告電話相談は、四国各地からの相談をオペレーターの方がまず受けて、さらに必要ならばこちらにつながるという流れ。
普段、このような経験はしないので、けっこう私は疲れます。でもいろいろな相談は、やはり勉強になることも多いです。
一般の方は確定申告のどこが分かりにくいのかとか、今年は土地を売ってもうけた人の相談がまあまああるとか、逆に株でもうけた相談はないとか。
確定申告に関する細々したことから、難しいこと、いろいろな税目、税制についてなどなど、もうほんと頭の体操です。
せっかく相談していただくのですから、お互いにスムーズに会話がすすむよう、3つのポイントを考えてみました。
 
事前に質問内容をまとめておく
 
対面と違い、電話相談は、初めてお話しする人から、耳で内容を聞きとります。
相手がどのような人で、見ている書類が何かわからない場合、質問の内容が分かるまでに大半の時間を使うことも少なくありません。
質問内容を整理して、手元にある資料を正確に伝えてもらえると、答える方もモタモタせず、間違わずに答えることができると思います。
 
できれば軽く調べてから電話する

もちろん真っ白のままで質問していただいてもよいです。
でも内容によっては、いちから電話で説明となると、まず超基本的な内容からはいり、なかなか答えまで到達できない、などの可能性があります。
出来る範囲でよいので、少し資料を読んでみる、誰かに聞いてみる、インターネットで調べてみるなどしてから質問すると、相手が言っていることも分かりやすくなりますし、話す時間も短縮できると思います。
また何回に分けて、質問してみるのも一つの方法かもしれません。
 
個別案件は税務署の職員に相談
 
たいていの確定申告の電話相談は、一般的な質問に対しての回答が対応できる範囲です。
税法の解釈が複数ある場合の判断や、特殊なケース、税務署からの書類に担当部署や担当者が書かれている場合は、直接税務署職員につないでもらった方がよいと思います。
 
まとめ

電話での会話を通じ、普段いかに、視覚による情報に頼っているのか痛感。
一生懸命説明してくださるのですが、???なとき、対面式だったら、その書類見せてくださいで、解決できたりするものです。
また電話相談は平日の日中が中心ですし、時間がかかります。多忙な人や、全く初めてでなにから手をつけたら良いか分からない人などは、有料ですが税理士に頼むのもありです。

確定申告は期限内に申告しなければなりませんから、時間との勝負です。はやめ、はやめで行きましょう!(私もな(^^ゞ)
 
今日のおまけ
各地で大雪警報がでています。
明日は住宅ローン控除対象者の相談会のお手伝い。雪が積もっていない事を祈ります、たぶん大丈夫ですが。
 
 
<<エムアンドエム税理士法人>> 〒760-0074 香川県高松市桜町1-6-18 共栄桜町ビル1F TEL:087-816-1004 FAX:087-835-1027