税務や経理を始め経営相談のことなら香川県高松市にありますエムアンドエム税理士法人におまかせください。

 

南BLOG

 

カテゴリ

カテゴリ
 
 
フォーム
 
相続税の申告の準備と同時進行でやるべき3つのこと
2017-04-22

相続税の申告の準備と同時進行でやるべき3つのこと

 

 

 

相続が発生し、相続税の申告が必要な場合は、10か月以内に申告書を提出しなければなりません。

 

ただでさえ、いろいろとすべきことが多いうえ、相続税の申告書を提出するとなるとさらに忙しくなります。申告するためには、亡くなった方や相続人たちの戸籍謄本や財産、債務に関する書類を、まずそろえなければなりません。

 

 

 

相続税の納税の準備

 

同時進行で絶対にしなければならないことは、相続税の納税資金の準備です。相続税の納税期限は、相続が発生してから10か月以内で相続税の申告書の提出期限と同じです。

相続財産のうち現預金の占める割合が高く、その財産から相続税が納められる場合は、それほど心配はありません。

問題は、相続財産のほとんどが不動産で現預金が少ない場合や、遺言や遺産分割により分けた各人の相続財産のうち、その人の納めるべき税額より現預金が少ない場合です。相続をうけた人の現預金から納税しなければならなくなります。

相続税の申告は、納税を完了してやっと終わりです。ついつい、だれがどの財産を相続するか、相続税額がいくらになるかに気を取られがちですが、実際にどうやって納税するかを同時に考えておく必要があります。

 

 

 

二次相続や次の相続に備えて節税対策を検討

 

 

たとえば夫婦のうち夫の相続(一次相続とよびます)が発生し、相続人が妻と子供たちであった場合、相続税をできるだけ安くする方法の一つに、なるべく妻に相続財産を相続させ「配偶者の税額軽減」を受ける方法があります。

しかし将来、妻の相続(二次相続とよびます)が発生した時には、一次相続により相続した財産が妻固有の財産にプラスされる可能性がある上、「配偶者の税額軽減」は受けられません。二次相続のことまで考えて一次相続の内容を決めることにより、トータルの相続税を少なくすることができます。

また二次相続に備えての節税対策も同時に検討するようにしましょう。

 

 

 

 

不動産の登記手続き

 

相続財産の中に不動産がある場合は、登記手続きも同時に行うと、書類を集める手間や費用などが少なくすることができます。登記手続きは、期限は決まっていませんが、保全のためには名義を変更しておいたほうが安全です。

登記手続きに使用する書類は相続税の申告に必要な書類と重複するものも多く、戸籍謄本などの原本を還付してもらえば、登記手続きの前後で金融機関への手続きに利用できたり、相続税の申告書に添付できるため費用も削減できます。

 

 

 

まとめ

 

相続税の申告は、期限がある上に同時にすることが他にもまだまだあります。結局のところ、早めにとりかかり余裕を持ってすすめるのがポイントです。

先日申告させていただいた案件は、時間的に間に合ったため、相続登記を済ませた後、必要書類を相続税の申告書に添付することができました。いずれはしなければならない登記手続き。今回は司法書士の方にも相談しながらのすすめることで、すでに完済している金融機関からの借入金の担保の抹消手続きも、同時に手続きすることができました。

 

おまけ

 

 初心者向けのスマホでの写真の撮り方講座に行ってきました。

 ほんとに何も知らない私、専門的な話が、わかったり、わからなかったりでしたが、

とにかく当てる光が大事なのですね~

短時間ですぐに上達は無理でしょうが、これも同時進行で(むりやりタイトルに絡ませて・・・)、少しでも上手になりたいと思いました。 

 

 

カテゴリー:相続

 
 

 

 
LCCに乗ってみました!
2017-04-21
 

LCCに乗ってみました!

 

久しぶりに飛行機に乗りました。それもLCC、高松⇔成田便ジェットスターです。

既存の航空会社と比べて、ほんとにびっくりする安い料金で広告されているLCC。お財布にやさしくて嬉しいものの、乗り慣れていない飛行機ということもあって、いろいろな意味で大丈夫なのかなと心配しつつ乗ってきました。

 

 

料金が安い理由

 

 

使う空港が羽田ではない、シートが狭いらしい、既存の航空会社と同じサービスを受けられないなど、料金が安い理由は想像できます。

 

その他にネットでサクッと調べてみると、、、

1.使用機材を選定し統一する

整備がしやすく燃料効率のよい新しい機種を、全路線で使用することにより、整備コスト、使用燃料を抑制

2.座席数を多くする

座席の間隔を狭くして、一度のフライトでできるだけ多くの乗客を運ぶようにする

3.チケット販売の方法を工夫

ウェブサイトを中心としたチケット販売とし、窓口販売をしないこと、できるだけ他の方法で販売しないことで、人件費や家賃、光熱費、手数料などを節約

4.受託手荷物を有料化

搭載する貨物が多くなればなるほど、燃料費はあがるため、有料化にしてコストに対し課金することで収入をあげ、また乗客が荷物を減らそうとすれば燃料の節約

5.機内サービスを省略または有料化

機内食のサービスは、食事の原価に加え、決められた時間内に乗客全員に配膳しなければならないための余分な客室乗務員や、これらの重さに対する燃料などのコストがかかるため、希望する乗客にのみ有料サービスを提供

6.駐機時間の短縮

航空機も空港に飛行機を止めるのには駐機料がかかるため、駐機時間を短くし駐機料を節約

7.使う空港を選ぶ、人気路線のみなど

一般に都心に近くて便利な空港は、その他の空港と比べて空港着陸料が高いため、利便性を犠牲にして安い空港を選定

 

などなど、これらを調べてみると一番心配だった安全性はあまり気にならなくなりました。

 

 

実際に乗ってみて思ったこと

 

まずウェブサイトでの予約購入の段階で、まあまあとまどい、かなり時間がかかります。

例えば、手荷物を預けるかどうか、何キロの荷物を預けるかときかれても、まだ荷造りしてないのでわからないし~料金が違うとなると、、、一回一回悩みます。そして、いろいろサービスを選んでいくと最終的な料金は、思っていたほどは安くなくなりました。そうはいっても、既存の航空会社の料金よりはかなり安いですが。事前に松岡さんからもらった「油断しているとトラップにひっかかり結構高くなるよ!」というアドバイスが役に立ちました。やっぱり当たり前ですが、広告されているほどの安い料金でチケットをゲットできるのは、タイミングを選ぶ必要も、ありなかなか難しいです。

ちなみに手荷物ですが、空港でも、たいてい誰かが手荷物を預けるカウンターの前で、機内に持ち込む荷物と預ける荷物の中身を入れ替えている姿を見ました。その間スタッフは他の乗客の対応ができないロスがでますが、これをコストと考えても、細かく有料化する方が効果かあるのか、やや疑問です。燃料コストが重さによりかわるなら、乗る人の体重も気になるところですが、さすがに体重測定はなし(あたりまえか・・・)ホッとします。

 

今まで受けていた機内での無料のサービスがない、座席の間隔は狭い問題は、乗っている時間も長くないのであまり気になりませんでした。

 

一番印象に残ったのは、成田空港に着いてからです。LCCは第3ターミナルに到着します。そこから電車の駅まで遠いとは知っていたのですが、本当に遠い。ターミナル連絡バスはありますが、これはこれで手間だし、かかる時間はたいして変わらないうことで、普段ほとんど歩かないけど徒歩。かなりいい運動になります。

成田空港から出発するときは、空港内の混雑も考えていつもより1時間以上はやく出発した方が安全です。

 

 

まとめ

 

 

安いのには理由がある、利益を出すためには、適正な売価やコストを考えることは必要不可欠です。LCCは売る単価を下げ多めの乗客をのせることと、コストの削減で稼いでいることが実感できました。

これまで既存の航空会社で無料と思い受けていたサービスは、見方を変えれば、そもそも高めに設定されていた料金に含まれていて、必要ないサービスの料金も払っていたんだと再確認できました。

 

乗る側としては、手間と時間をかけることをとるのか、お金で解決するのか、の選択です。今回は目的地が千葉県だったため、羽田よりも成田からの利便性も考慮し、成田がベストでした。

 

おまけ

 

立て続けに2往復したのですが、突然欠航になった便がありました。

当日の天候不良ではなく前々日くらいの悪天候が影響し、成田から高松にいく飛行機が調達できなかったとのこと。油断してました(-_-;)振替するにもその日に振替できる便もなく、急きょ新幹線に変更です。

返金手続きの情報をゲットするのも、なかなかつながらないフリーダイヤルと、LCCならではかも。手荷物を預けるオプションのつけていたため、申請すれば補償金がいくらか出るらしく、返金もバウチャー(??)で、などまたもや初めての手続きやら内容で、とりあえず手続き現在進行中となりました。

いろいろ経験でき、これはこれで勉強かな。やっぱり自分でやってみるって大事です!

 

カテゴリー:雑記

 
クレジットカードで納税
2017-04-14
 
クレジットカードで納税
 

 

 

 

まだだったの?と言われそうですが、2017年1月から、クレジットカードで所得税(申告所得税及び復興特別所得税)や法人税の納付ができるようになりました。

これまでも一部の自治体の税金の納付はできていましたが、やっと国税も対応です。

クレジットカードで納付できるようになった具体的な国税:

www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/credit_nofu/credit_qa.htm#a11 

  

 

所得税の納付の方法と納付期限

 

 

 

 

個人事業主や2か所以上から給料や役員報酬をもらっている人、不動産所得のある人などは、毎年所得税の確定申告をされていると思います。

確定申告書の提出期限は、翌年3月15日まで、そして納付しなければならない期限も同じです。

そのほかの納期限はこちら

 → https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/nofu/01.htm

 

 

 

所得税の納付の仕方はいろいろあります。

 

 

 

現金納付:現金に納付書を添えて納付する方法

現金で金融機関又は所轄の税務署、コンビニエンスストアで翌年3月15日までに納付

 

振替納税:指定した金融機関の預貯金口座から振替納税する方法

口座振替依頼書を提出し、指定した口座から引き落とされる。H28年分はH294月20日に引き落しとされます。

 

ダイレクト納付又はインターネットバンキング等を利用して電子納税する方法

事前に「開始届出書」の提出、ダイレクト納付を利用する場合は「ダイレクト納付利用届出書」の提出も必要となります。

 

インターネットを利用してクレジットカードにより納付する方法

事前の手続きは不要。

 www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/credit_nofu/pdf/01_credit_flow.pdf

 

 

 

 

クレジットカードでの納付のメリット・デメリット

 

 

クレジットカード納付は事前の手続きが必要ありません。自宅で納付手続ができいつでも利用可能な点が、最大のメリットです。

また納期限までに手続きをした時点で、クレジットカード会社が立て替え払いをするため、クレジットカードの決済日まで支払う期限が実質延び資金繰り的に有利です。

 

デメリットとしては、納付する税額に応じて決済手数料がかかる点があります。

カードの利用によってポイントが付くことも多いと思いますが、それぞれのカード会社によって納税に対するポイントが付くか付かないかや、ポイント還元率によっては、実質負担額が多くなる場合もあります。決済に使うカード会社の特徴を考えながら利用するようにしましょう。

 

 

気を付けておいてほしいポイント

 

 

クレジットカード納付を利用する場合の、上記以外にも注意しておいてほしい点があります。

まずクレジットカード納付は継続的な手続ではありません。納税の都度納付手続を行うことが必要です。

また、クレジットカードの利用限度額を超えての納付は不可能ですから、事前の確認も絶対です。

 

 

 

 

まとめ

 

 

仮想通貨やブロックチェーンといった言葉が新聞をにぎわしている中、今頃、、、ですが、税金の世界も少しずつは進化しています(-_-;)。利用できるサービスには、メリット、デメリットがあるものです。ポイントを押さえて便利に活用できるものは活用しましょう。

 

 

今日のひとこと

 

 

持っているクレジットカードといえば、常に使っているもののほかに付き合いで作ったものや、ずいぶん前に作って年会費の請求で思い出す(涙)カードなど複数あります。

たぶんなくしてはいないと思うのですが、リスクヘッジの意味からも、整理して解約できるカードは解約!!しなければ。

 

税金に戻る

税金に戻る
 
<<エムアンドエム税理士法人>> 〒760-0074 香川県高松市桜町1-6-18 共栄桜町ビル1F TEL:087-816-1004 FAX:087-835-1027