税務や経理を始め経営相談のことなら香川県高松市にありますエムアンドエム税理士法人におまかせください。

 

南BLOG

 
フォーム
 
LCCに乗ってみました!
2017-04-21
 

LCCに乗ってみました!

 

久しぶりに飛行機に乗りました。それもLCC、高松⇔成田便ジェットスターです。

既存の航空会社と比べて、ほんとにびっくりする安い料金で広告されているLCC。お財布にやさしくて嬉しいものの、乗り慣れていない飛行機ということもあって、いろいろな意味で大丈夫なのかなと心配しつつ乗ってきました。

 

 

料金が安い理由

 

 

使う空港が羽田ではない、シートが狭いらしい、既存の航空会社と同じサービスを受けられないなど、料金が安い理由は想像できます。

 

その他にネットでサクッと調べてみると、、、

1.使用機材を選定し統一する

整備がしやすく燃料効率のよい新しい機種を、全路線で使用することにより、整備コスト、使用燃料を抑制

2.座席数を多くする

座席の間隔を狭くして、一度のフライトでできるだけ多くの乗客を運ぶようにする

3.チケット販売の方法を工夫

ウェブサイトを中心としたチケット販売とし、窓口販売をしないこと、できるだけ他の方法で販売しないことで、人件費や家賃、光熱費、手数料などを節約

4.受託手荷物を有料化

搭載する貨物が多くなればなるほど、燃料費はあがるため、有料化にしてコストに対し課金することで収入をあげ、また乗客が荷物を減らそうとすれば燃料の節約

5.機内サービスを省略または有料化

機内食のサービスは、食事の原価に加え、決められた時間内に乗客全員に配膳しなければならないための余分な客室乗務員や、これらの重さに対する燃料などのコストがかかるため、希望する乗客にのみ有料サービスを提供

6.駐機時間の短縮

航空機も空港に飛行機を止めるのには駐機料がかかるため、駐機時間を短くし駐機料を節約

7.使う空港を選ぶ、人気路線のみなど

一般に都心に近くて便利な空港は、その他の空港と比べて空港着陸料が高いため、利便性を犠牲にして安い空港を選定

 

などなど、これらを調べてみると一番心配だった安全性はあまり気にならなくなりました。

 

 

実際に乗ってみて思ったこと

 

まずウェブサイトでの予約購入の段階で、まあまあとまどい、かなり時間がかかります。

例えば、手荷物を預けるかどうか、何キロの荷物を預けるかときかれても、まだ荷造りしてないのでわからないし~料金が違うとなると、、、一回一回悩みます。そして、いろいろサービスを選んでいくと最終的な料金は、思っていたほどは安くなくなりました。そうはいっても、既存の航空会社の料金よりはかなり安いですが。事前に松岡さんからもらった「油断しているとトラップにひっかかり結構高くなるよ!」というアドバイスが役に立ちました。やっぱり当たり前ですが、広告されているほどの安い料金でチケットをゲットできるのは、タイミングを選ぶ必要も、ありなかなか難しいです。

ちなみに手荷物ですが、空港でも、たいてい誰かが手荷物を預けるカウンターの前で、機内に持ち込む荷物と預ける荷物の中身を入れ替えている姿を見ました。その間スタッフは他の乗客の対応ができないロスがでますが、これをコストと考えても、細かく有料化する方が効果かあるのか、やや疑問です。燃料コストが重さによりかわるなら、乗る人の体重も気になるところですが、さすがに体重測定はなし(あたりまえか・・・)ホッとします。

 

今まで受けていた機内での無料のサービスがない、座席の間隔は狭い問題は、乗っている時間も長くないのであまり気になりませんでした。

 

一番印象に残ったのは、成田空港に着いてからです。LCCは第3ターミナルに到着します。そこから電車の駅まで遠いとは知っていたのですが、本当に遠い。ターミナル連絡バスはありますが、これはこれで手間だし、かかる時間はたいして変わらないうことで、普段ほとんど歩かないけど徒歩。かなりいい運動になります。

成田空港から出発するときは、空港内の混雑も考えていつもより1時間以上はやく出発した方が安全です。

 

 

まとめ

 

 

安いのには理由がある、利益を出すためには、適正な売価やコストを考えることは必要不可欠です。LCCは売る単価を下げ多めの乗客をのせることと、コストの削減で稼いでいることが実感できました。

これまで既存の航空会社で無料と思い受けていたサービスは、見方を変えれば、そもそも高めに設定されていた料金に含まれていて、必要ないサービスの料金も払っていたんだと再確認できました。

 

乗る側としては、手間と時間をかけることをとるのか、お金で解決するのか、の選択です。今回は目的地が千葉県だったため、羽田よりも成田からの利便性も考慮し、成田がベストでした。

 

おまけ

 

立て続けに2往復したのですが、突然欠航になった便がありました。

当日の天候不良ではなく前々日くらいの悪天候が影響し、成田から高松にいく飛行機が調達できなかったとのこと。油断してました(-_-;)振替するにもその日に振替できる便もなく、急きょ新幹線に変更です。

返金手続きの情報をゲットするのも、なかなかつながらないフリーダイヤルと、LCCならではかも。手荷物を預けるオプションのつけていたため、申請すれば補償金がいくらか出るらしく、返金もバウチャー(??)で、などまたもや初めての手続きやら内容で、とりあえず手続き現在進行中となりました。

いろいろ経験でき、これはこれで勉強かな。やっぱり自分でやってみるって大事です!

 

カテゴリー:雑記

<<エムアンドエム税理士法人>> 〒760-0074 香川県高松市桜町1-6-18 共栄桜町ビル1F TEL:087-816-1004 FAX:087-835-1027